內科


病院の成立以来、内科は規模を拡大し続け、2012年現在、臓器別にて呼吸器内科、心臟内科、消化器内科(胃・腸・肝・胆・膵内科)、腎臟内 科、内分泌・糖尿病内科、リウマチ免疫内科および感染症内科,神経内科に分かれるとともに、心機能検査室、心臓カテーテル室、胃腸センター、呼吸器治療室を備えております。各科に専門医を配備し、日常業務と外来診療、入院治療、重症患者治療、診断立会い診察、臨床研修指導に当たっています。また、当院の内科は、台湾内科医学会によって内科専門医研修施設に指定されています。


透析センター

透析センターは1997年に成立し、2007年には腹膜透析治療を加え、腎臓の専門医が全過程を統括しつつ、専門の訓練を受けた公認看護士が透析治療とカウンセリングを行い、内シャントのケアを行っています。本院の透析病床は44床、B、C型肝炎の患者は一般患者と分別して治療を行っています。


サービスの特色
  • 日本製、ドイツ製の透析機器とメーカー指定の透析液を使用。
  • 透析用水は米国製の逆浸透膜水処理システムを使用。
  • 透析治療の質と安全を保障するため、定期的に透析用水の微生物培養と透析用水路の消毒を実施。
  • 毎年定期的に、透析用水の重金属濃度、毒素、バクテリアの検査を清華大学に依頼。
  • 専門医師チームが、人工血管とシャント障害の処理を担当。
  • 栄養士が定期的に患者の栄養状態をチェックし、食事について指導。
  • 専門チームが重症患者または集中治療患者の血液透析治療を実施。
  • 台湾腎臟医学会指定の血液透析看護士研修施設指定医院。

消化器センター

消化器センターでは最新の電子内視鏡検査および腹部超音波検査を採用する一方で、胆道鏡 内視鏡による胆石除去、ポリープ切除、止血など、外科手術に代わる内視鏡治療を用いて、術後の回復時間を大幅に短縮しています。消化器系のみならず、甲状腺、腎臓、泌尿器にも超音波検査を用いています。また、内視鏡検査の激痛に耐えられないという患者様が少なくないことに配慮し、胃腸センターでは無痛内視鏡検査を実施しております。内科医、麻酔医、および専門のスタッフを中心とする専門チームが、皆様の健康をチェックいたします。


サービスの特色
  • 素早い検査プロセス
  • 無痛胃カメラ・大腸カメラ検査
  • 超音波検査
  • 快適なプライバシー医療空間

リンク


医師